スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Teclast X89Winを購入

以前Androidタブレットを使ってみたものの、結局ほとんど使わなくなってしまったなぁ。

今では良くなっているのかもしれないけど、中華タブなのもあるのか、タッチパネルの操作がイマイチ気持ちよくなかった。画面がガクガクしてスムーズに付いてこないとか、当時としては比較的高性能な「Novo7 Fire」でもそんな感じ。

iPad系はその辺スムーズなのはわかっているのだけど、iOS自体にあまり興味が無いのと、選べない・金額が高いということでパス。

Windows8.1 with Bingのおかげで劇的に安いモデルが出てきたWindwos8.1タブレットを検討です。昨年終わり頃からボチボチ出てきていたけれど、スペック的にもう一歩だったり、価格が折り合わなかったりで様子見してた…。

そろそろ、中華なやつだとそれなりのスペックのやつで2万円前後で入手可能な状態に。9~10インチサイズは家で見るには良いけど、ちょっと持ち運びに大きすぎる。7インチだともうちょっと大きさが欲しいし、選択肢が狭い。ということで、8インチ系を候補に。基準として、2GBのメモリと32GBのストレージを積んでいる事。メモリ・ストレージが1GB・16GBでもっと安いものもあるけれど、動作や使い勝手で不安なのでパス。

検討したのは、「Voyo WinPad A1 mini Elite」「Colorfly i818W 3G」「ONDA V891w」「Teclast X89Win」あたり。

1.Voyo WinPad A1 mini Elite
Eliteが付かない前モデルが大人気で、比較的安心のモデル。

画面:1280×800 8インチ
画面出力(HDMI):MiniHDMI
カメラ:フロント200万、リア200万
GPS:×
重量:355g


2.Colorfly i818W 3G
3GがとGPSが付くのに価格帯が変わらないのが魅力。知名度・情報が不足している。

画面:1280×800 8インチ
画面出力(HDMI):×
カメラ:フロント200万、リア500万
GPS:○
重量:不明


3.ONDA V891w
8.9インチと一回り大きく重く、大きさはこれくらいが限界?

画面:1920×1200 8.9インチ
画面出力(HDMI):×
カメラ:フロント200万、リア500万
GPS:×
重量:415.5g


4.Teclast X89Win
「Teclast X89HD」後継。高精細な画面と4:3の縦横比率が特徴。

画面:2048×1536(4:3) 7.9インチ
画面出力:MicroHDMI
カメラ:フロント200万、リア500万
GPS:×
重量:344g


「2.Colorfly i818W 3G」は安くてGPS・3G対応で最初すごく興味があったんだけど、とにかく情報が無い。重量やSIMのサイズさえわからないのです。HDMIポートが無いのもあって脱落。

「3.ONDA V891w」は、単体で使うなら、そして大きさがギリギリ許せるなら最有力?とか思ってたけど、やはりHDMIポートが無いのが不安なのと、持ち運びで重量が気になったので落選。

「1.Voyo WinPad A1 mini Elite」は、MiniHDMI(ミニです)ポートがあって画面出力可。リアカメラが200万画素と500万画素モデルに少し劣るけど、そもそもこいつで写真を撮ろうと思っていない。画面解像度はもうちょっと頑張っても良かったのでは?という感じはあるけど、安くて無難で最後まで迷った。

「4.Teclast X89Win」は、X89HDと同じく高精細な画面が魅力。MicroHDMIポートアリ、4:3という画面比率で7.9インチではあるけれど、16:9動画を見るより一般的なWebや写真なんかを見る方が多い場合、こちらの方が無駄が少なくて、かえって大きく見られることもある。iPad mini激似な外観も面白い。Z3736FがMAX時2.16GHzと、他の1.8GHzを上回るスペックなのもちょっとだけ評価(大して変わらないだろうけど)。


というわけで、「Voyo WinPad A1 mini Elite(もしくはEliteナシ)」と「Teclast X89Win」でだいぶ迷った結果、ちょっと高価だったけど「Teclast X89Win」をチョイス。MicroSDスロットの有無がどこを見てもハッキリしなかったんだけど、X89HDには付いていたので「あるだろう」と判断。現物にはしっかりありました。試しに入れた32GBのMicroSDをしっかり認識したのでホッとしています。

中国語状態だったのをサクッと日本語にして、普通に使えてます。デスクトップアプリも使えるし、小さいPCをタッチで使ってるという、それだけ。タッチ操作はスルスル・サクサクだし、HD動画なんかも詰まったりする事無くスムーズ。

ただ、どうしてもタッチポイントがシビア。マウスを想定されたインターフェースに、タッチ操作はフィットしていなくて、小さいボタンに指が合わない事がしばしば。これは「TouchMoucePointer」というソフトをインストールして、ある程度対策出来るけど、根本的な解決にはなってない感じ。

デスクトップアプリで、文字入力欄をダブルタップしてもソフトキーボードが立ち上がらないので、タスクバーからキーボードを起動する必要があるとか、もうちょっと何とかならないかと思うところも。

そういうのを差し置いても、WindowsPCがこの小ささ・薄さ(そしてこの安さ!)で持ち運べるというのは、大きな変化だなぁと思うのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんどん雑記

Author:てんどん雑記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト
  
  
  

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。