スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無停電電源装置「APC RS 400」を導入

QNAPのTurboNAS TS-231+を購入して、それはそれは快適になった我が家のストレージ環境。読み書きが早いNASってステキですね。もちろんネットワーク速度も重要だけど。

これまで使っていたLinkStationはバックアップ用NASとして余命を過ごさせてあげることにしました。TurboNASのバックアップマネージャで、バックアップしておきたいフォルダのバックアップ先をLinkStationにするだけ。IPで辿る必要があるので、LinkStationのIPを固定にしておくのを忘れずに。

さて、快適なNASを導入したら快適な電源環境。最近、帰宅したらなぜか2台のLinkStationがエラー点滅してて、電源を入れ直したら復活したことがあり。家人に聞いても停電した感じはないけれど、瞬間的に切れたのかもしれない。

雷やブレーカー落ちなど、必ず起こるわけじゃないけれど用心してても起こってしまう。これで写真データなんかが吹っ飛んだら悲しいよね。バックアップはもちろん取ったとしても、やっぱり電源断は怖いもの。

そこでUPS(無停電電源装置)の導入に踏み切りました。購入したのは「APC RS 400」。上位機種とも迷ったけれど、NAS 4~5台とルーター、スイッチングハブくらいだったら、こちらの400でも余裕の容量。



充電して電源を抜いてみたら、ちゃんとバックアップモードに入ってくれたので、まずは一安心。

さらに、QNAPのNASとの接続・通信にも対応しているので、TurboNASのコントロール・パネルからUPS設定で確認すると、デフォルトで電源が切れたら5分でTurboNASをシャットダウンさせるようになってます。

あとはPC本体をどうしてやるかだな(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:てんどん雑記
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アフィリエイト
  
  
  

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。